快適なウブドのお宿、ウブド・レスタリ・バンガロー

初めてのLCCのフライトもほぼ定刻に出発し、無事にバリ島まで到着しました。バリ島は今回で2度目なので、前回よりはだいぶ勝手がわかって旅行もスムーズにいきそうです。

さて、今回も活動拠点はウブド。空港から1時間半ぐらい離れた、緑豊かな田園風景が美しい、ヨガ好きな欧米人も多く集まるスピリチュアルな町です。ゆったりとした空気が流れている反面、ヘルスコンシャスなヨギーニが集まるオーガニックカフェやおしゃれなレストランも軒を連ねていて、長期滞在しても飽きずに楽しめる不思議な魅力のある町です。

今回お世話になるお宿は、ウブドの目抜き通りであるモンキーフォレストから路地に入ってちょっと歩いたところにある、ウブド・レスタリ・バンガロー。二人並んでは歩けないような狭い路地で、気を付けないと見落としてしまいそうなところが入口です。

この看板が目印。

ちなみに通りの向かい側は、カフェ・ワヤンという有名なお店なので、このレストランを目印にするのが一番簡単かも。

今回は友達と2人での宿泊なので、ベッドが二つあるLOTUSというスイートのお部屋にしました。

お部屋もゆったりと広くてソファやデスクもあり、目の前には田んぼというのどかな景色。

洗面台や荷物を置けるエリアもゆったりと広くて快適です。

日本人オーナー経営のバンガローだけあって、現地従業員さんのサービスもよく、お部屋も使いやすくて細かな所まで気配りされているとても居心地の良いお宿です。

そしてこのバンガローは朝食込みで、毎朝無料メニューの中から選んだものをお部屋まで運んでくれます。私のお気に入りはこちら。パイナップル・パンケーキという名前でしたがいわゆるクレープですよね。フルーツ盛り合わせも、こんなにどっさりフルーツが食べれてうれしい限り。

このスイートのお部屋でも、2名で一泊Rp600,000というリーズナブルな料金。一人当たり300,000ルピアなので一泊3000円もしないという安さ。長期滞在者が多いのも納得です。

目抜き通りに近いのに夜はとっても静かで、プールもあって、小さな子供を連れた家族旅行でも安心して泊まれるお宿のレスタリ、おすすめです。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)