不況の今こそ、自分投資で知識という名の不動の資産を!!

本サイトでは、私が実際に購入し体験した教材をレビューしています。
皆様の自己啓発の足がかりとして、本サイトがお役に立てれば幸いです。

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-鼻濁音

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密
第6巻では、鼻濁音についてのレッスンがあります。

 

 

鼻濁音は、英語ではNasal Soundと言われ、鼻から抜けたような音で
発音する音です。例えば、song、ring、longなど、語尾がNGで
終わるような単語です。

 

 

みいちゃんママの英語教室第6巻では、この鼻濁音を上手に出すコツが
説明されています。

 

 

そして、この鼻濁音の発音方法ですが、自分でも簡単に正しく発音できて
いるかどうか確認する方法があります。

 

 

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密第6巻では
このやり方を説明していて、これも私にとっては目からうろこでした。
意外にやってみるとコロンブスの卵なんですが、へぇー、なるほどね!と
言われなければわからなかった確認方法でした。

 

 

実は私はこの鼻濁音って英語独自の音なのかなと思っていましたが、
調べたら日本語にも普通に存在していました(笑)。ただ、
住んでいる地域によって、鼻濁音が多いか少ないかはあるようです。

 

 

私は中国地方の出身なんですが、同じ日本語でも四国や中国地方
以西ではほとんど鼻濁音は見られず逆に東北地方で話される
方言では鼻濁音は多いようです。同じ単語でも鼻濁音ではなく
濁音で話されているようですね。

 

言葉って奥が深いですね・・・

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-thの発音

今回はみいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密
第6巻のthの発音についてです。

 

第6巻からはいよいよ組み合わせ文字の発音の練習に入ります。
thも日本語にはない独特な発音なので、日本人には苦手な発音と
されています。

 

私はこのthの発音は、留学してからすぐにホストファミリーに
さんざん指摘されました。そして何回もからかわれているうち、
ある時突然コツをつかんで出来るようになりました。
英語はある日突然・・・ってのけっこう多いです(笑)

 

ある日、I think…とか、普通に会話を始めようとすると、
ホストファミリーのおじさんが、Good!!って叫んだんですよね。
あんまり急に言われたんで、私がびっくりしたぐらいですが(笑)

 

thの発音の仕方は、RやLと同様独特なのでけっこういろんな教材で
紹介されていますが、意外とコツをつかむと簡単に、しかも自然に
発音できるようになりますよ。

 

一つ発音をマスターするだけでも、モチベーションはぐっと
上がりますので、達成感を味わいつつ、ひとつづつ
こなしていかないといけないですね。

 

 

スコット・ペリー氏のネイティブ英語発音の秘訣セミナー

30日で英語耳で知られる リスニングパワーを開発した
スコット・ペリー氏がゴールデンウィーク明けに来日され
英語発音の秘訣セミナーを開催するということがわかり、私も早速
セミナーの申し込みをしました。

 

これまでCDを何度か聞いていますので、実際にスコット・ペリー氏が
レクチャーをするのであればぜひ聞きに行ってみよう・・・と。

 

実際に発音レッスンを受けるのは、これとは別の少人数ワークショップに
申し込まなければならないのですが、今回はパスしました。

 

実際にスコットペリー氏の講演を聞いてみるのが今から楽しみです。

ニューヨークに来ています

ゴールデンウイークを利用して、ニューヨークに遊びに来ています。

 

有給を2日ほどつけて、一足先に出発したのですが、連休2日前でも
飛行機は満席でした。出発2日前に席を確認した時はまだいくつか席は
残っていたのですが・・・すごいですね。

 

さて、しばらく前から「30日間で英語耳!!」でおなじみの英語教材、
リスニングパワーを聞いていますが、英語環境に戻った今の感想は、
耳が子音の音をずいぶんキャッチしている気がします。以前はそこまで
意識していなかったからかも、ということもありますが・・・
高周波の音を聞くトレーニングを続けているので耳が敏感になって
いるのかもしれませんね。

 

私が留学した町は、ロスから2時間ほどの郊外でしたが、日本人が全然
いない町でしたので否が応でも英語漬けになる環境でした。
初めのうちは本当につらかったですが、ある日突然英語が聞き取れる
ようになるんですよね。「頭が英語で考えるようになる」というのは
この事なのかなと思いましたが・・・
あの時の感動は今でもはっきり覚えています。

 

この、「ある日突然英語が聞こえるようになる」というのは、私の
周りでも英語をマスターした人はかなりの確率で体験しています。

 

私自身、英語は文法も含め、耳で覚えていったという経験があります。
リスニングを強化するっていうのは違いが聞き取れるようになる、と
いう面で英語の発音上達にも大きく寄与しています。聞き取れない音は
当然自分でも再現することはできないですもんね・・・

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-yの発音

今回はみいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密
第5巻のyの発音についてです。

 

yは、読み方が3つあります。3つのうち、yが文頭に来る単語は
日本人が最も苦手としている発音です。
「yes」とか 「yellow」とか、一見すごく簡単そうに見える
単語ですが・・・実はほとんどの日本人が間違えて発音しています。

 

実際に私も間違ってました(笑)

 

このyの発音なんですが、舌の位置が非常に難しいですよね〜。
DVDの中で、みいちゃんママは顔の断面図と模型を使って
舌の位置を説明してくれるんですが、う〜ん・・・難しい。

 

説明が難しいのではなくて、舌の配置具合が難しいです。

 

自分の口の中が見えないので、ほんとにちゃんとなっているのか
ちょっと不安な感じがしますが・・・顔を切って中の様子が
見たい気がします(笑)

 

日本語の発音で、舌を持ち上げるとかどこに舌先を置くとか、
意識して発音したこともないのでなおさらです。

 

本当に発音エキスパートになる頃には顔の表情筋が鍛えられて
かなりフェイスリフトが期待できそうです(笑)

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-wの発音

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密第5巻では、
v、w、yなどまたまた日本語にはない発音がでてきます。

 

私はアメリカにいた時から、wの発音ではよくホストファミリーに指摘を
受けてました。wって簡単そうで実はすごく難しい音なんですよね〜。

 

みいちゃんママの英語教室では、口の開き具合を表現するのに、
よく「そうめん」とか「おうどん」とか食べ物が登場します。
みいちゃんママは子どもの為の英語教室を開催していますので、
子供が一発でわかるような表現がよくでてきますが、なるほど、と
思いますね〜。

 

しかし、昔から苦戦はしていましたが、やっぱり「w」は難しい・・・
woodとか、walkとか、この「w」は「う」ではないんですよね。
うさぎの「う」の発音とは全く違う発音です。
wは日本語にはない発音ですので、なかなかイメージを把握するのに
時間がかかります。

 

改めて、みいちゃんママでwの練習をしましたが、これは・・・
顔が筋肉痛になりますね(笑)

 

口がこの開け方で、発音する音も「う」とは全然違う音・・・
ちょっとまた目からうろこでした。
なかなか、DVDのような音がでてきませんが・・・これ練習したてら
顔の表情筋鍛えられて若返り効果が期待できるかも・・・

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-M、Nの発音

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密第4巻では、
LやRなど、日本人が苦手とするアルファベットの発音方法が詳しく
説明されていますが、逆に日本人が簡単、と思っているMやNの
発音・・・これが実はけっこう難しかったりします。

 

 

このMとNの発音ですが、唇と舌の動きが日本語のそれとは全然
違います。私は実はこのアルファベット2つの発音は、高校生
ぐらいからしっかり頭に入ってました。

 

 

それはなぜかというと・・・
これももう20数年前になっちゃいますが、英語の発音がキレイで
印象的な小林克也さんが作った、「小林克也のアメリ缶」っていう
英会話教材で勉強したからです。高校生の時バイト代を貯めて
買いましたね~ 懐かしい・・・

 

 

この小林克也のアメリ缶は、基本的に英会話で頻繁に使われる表現を
丸暗記する、というものでしたが、当時にしては珍しく、非常に
発音を重視した教材でした。小林克也さんが実際に発音されて
いるのですが、その発音練習の時に、MとNはものすごく大げさに、
というかわかりやすくその違いを表現していたんですよね。
当時高校生の私には非常にインパクトがあって、頭に焼き付いたと
いうか・・・

 

 

高校生の時にそれなんですから、小学生ぐらいからフォニックスで
しっかり唇と舌の動きを把握しておけば、楽勝でネイティブ並みの
発音になりますよね。
みいちゃんママこと妹尾先生は、年齢に関係なく、フォニックスの
ルールをマスターすれば誰でもネイティブ並みの発音ができる!と
断言されてますが・・・

 

 

意外に難しいとはいえど、意識して唇と舌の場所を気をつければ
比較的MとNはマスターしやすいアルファベットです。ライバルに
差をつけるならまずこのあたりから攻めてみては・・・?!

リスニングパワー聞き始めました

リスニングパワー、早速聞き始めています。

 

パッケージにはA43枚ぐらいで説明書が同封されているのですが、
まずは2週間、CD1のみ繰り返し聞いてください、と書かれています。
この2週間でまず高周波の英語の音に耳を慣れさせ音を拾えるように
する、というのが目的です。

 

さて、まずは聞いてみた感想ですが・・・なかなかよくできた
教材だな~と感じます。

 

英語を聞き取れる耳を鍛える、というのが目的の一つである
この教材、CDを聞いていると随所で、「ピー」とか「ポー」とか、
昔学校の聴覚テストで聞いたような、あの妙に高い音が英会話の
背景で何度も何度も聞こえてきます。これが高周波の音を耳が
キャッチするように仕込まれた技術のひとつなんでしょうね。

 

この高周波の音を耳がキャッチする、慣れさせるために、
説明書にも、「必ずイヤフォン、ヘッドフォンをつけて聞くように
して下さい」と書いてあります。そのすることによってこの
高周波の音が正しく再生されるようです。

 

 

もう10年ぐらい前になりますが、その頃この高周波に着眼した、
同等のコンセプトの英語教材がありました。
「マジックリスニング」という名前だったと思いますが・・・
それも同じような内容でしたが、余計な音をキャンセルする
特殊なヘッドフォンを使用しなければならず、またこれが
けっこう高額で、全部で5万円ぐらいしたような気がします。
そしてCDの中身というか英会話の内容も、はっきりいって
聞いていて飽きるというか素人っぽいというか、毎日聞くのは
ちょっと苦痛な(笑)感じでした。しかも時間も長かった。
でも個人的には効果が実感できた教材でした。

 

 

それと比較すると、 リスニングパワーはかなり内容満載というか、
さすがネイティブの観点から作られているなと感じます。
スコット・ペリー氏はlinguist(言語学者)なので発音や言葉に
関してはエキスパートですもんね・・・これだけ詰まってて
値段もかなりリーズナブルに抑えられててお得な教材だと思います。

リスニングパワー購入!!

30日間で英語耳!!というキャッチフレーズで知られる、
リスニングパワーを購入してみました。

 

 

 

リスニングパワーは、以前からずっと気になっていた教材で、
言語学者であるスコット・ペリー氏が開発した教材です。

 

興味深いのが、スコット・ペリー氏は日本人が英語を
聞き取れないのは、英語には日本語にはない高周波の音があり、
この高周波を聞くトレーニングをすることでだんだん耳を
高周波の音に慣れさせ、聞き落としていた、または聞き取れなかった
英語が聞こえるようになる、というものです。

 

このコンセプトはなかなか興味深いですよね・・・以前から英語には
高周波の領域があって日本人には聞きづらく、この音域に耳をならすには
高周波の音が出るクラシック音楽を聞くといいとか言われていましたが・・・

 

私も、そうか!と思ってクラシックを聞いたりしましたが眠くなって
ダメでした(爆)

 

説明書には、まず2週間はひたすらCD1のみ聞いてください、とあるので
早速今日から試してみます。iPodに移して毎日欠かさず2週間・・・
またボチボチ進捗報告します。

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密-Lの発音

今回は、日本人が苦手とする発音の一つの、「L」の発音についてです。
みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVDの
第4巻は、アルファベットのL、M、N、P、Q、Rと、日本語にない
単語の発音が凝縮されたDVDです。

 

 

「M」の発音は簡単、と思っている人はかなりいますが、実は「M」って
正しく発音するのは意外に難しいですよね。
逆に言うと、「M」と「N」が正しく言えたらぐっとネイティブっぽい
発音になりますが・・・。まあMの話はまた次回ということで。

 

 

さて、日本人が苦戦するアルファベット、「L」の発音ですが・・・
「R」の発音と比べるとまだいささか「L」の方が楽ではあります。

 

 

「L」の発音のキーポイントは唇の開き具合と舌先の位置です。
この、口を開き具合というのがなかなか日本人には難しいポイントと
いうか、ちょっととっつきにくいところではないかなと思います。

 

 

日本語って、歯を見せてしゃべるような発音はあまりないですよね?
なので口を開いて発音っていうのにちょっと抵抗を感じる人も
いるかもしれません。

 

 
欧米人からすると逆に、日本人の発音では全然口が開いて見えないから
不自然に感じるそうですが・・・

 

 

発音の練習って筋トレとかダイエットに似てますよね・・・日々継続して
がんばることが成功の秘訣ではないでしょうか?

1 / 3123
 

イチオシ教材はこちら!

飛躍的に発音が改善!

みいちゃんママの
きれいな英語発音と
フォニックスの秘密
DVD10巻セット!!

売れる写真を撮るなら!

商品撮影の決定版!
フォトスタイリング協会
の写真撮影テクニックと
パワーブロガーの
夢のコラボセミナー!

可愛い、キレイだけではない!売れる写真の撮り方セミナーDVD

サイト内検索

ページの先頭へ